夜廻り猫

漫画『夜廻り猫』を読みました。Web上でも無料で少し読めるので試し読みをしたところ見事にハマりました。

コミックスも毎日のように読んでいて、Webの更新を楽しみにしています。現在3巻まで発売されていますが、4巻も楽しみで仕方ありません。

この漫画は野良猫の平蔵が、夜な夜な町を歩いて何らかの理由があって涙する人間に寄り添うというお話です。(平蔵は人間の言葉を話せるようです。)

8コマ漫画なのですが、この短い中に人間の機微や心理、しっかりしたストーリーが織り込まれています。登場する人間は貧しかったり、人間関係に悩んでいたりしますが、限りない温かみを感じることができます。

簡単そうな絵柄ですが、それもまた味があってキャラクター達が 魅力的にうつります。

平蔵は目つきがわるく強面なのですが、重蔵というかわいい子猫も登場します。この重蔵との出会いのエピソードが大好きです。「これは生まれた祝いです」ぜひこのセリフを堪能するために、コミックス1巻を読んで頂きたいです。

平蔵と同じように夜廻りをするちょっととぼけたキャラクターの猫や片目の一匹狼のように生きる猫、また人間のうちにいる飼い猫や様々なキャラクター達が登場します。それぞれとても可愛いかったり、かっこよかったり、とても魅力的に描かれています。

猫は最近ブームとなっていますが、猫好きな方だけでなく、そうでない方にもぜひともおすすめします。

疲れている時にあまり深く物事を考えたくない、けど少し癒されたい、といった時にお すすめの作品です。