バガボンド

スラムダンクで有名な井上雄彦が描いた宮本武蔵の漫画です。吉川英治の小説を原作として、話が進んで行きます。しかし、吉川英治の小説にかなりアレンジを加えているところが多く見られます。ともかく、宮本武蔵を描いた漫画では一番面白いかもしれません。

確かバガボンドの連載が進んでいるときに、大河ドラマでも宮本武蔵の話が放送されていたのですが、大河ドラマ版よりも、こちらの漫画の方がかなり面白い印象を受けました。井上雄彦の漫画は登場するキャラクターに魅力的な人間が多いのですが、このバガボンドでも同様です。

話の序盤の宮本武蔵は、かなりの荒くれ者なのですが、ただの悪者としては描かれていないところが注目です。荒くれ者ではありますが、剣の道を極めたいという純粋な気持ちを持っているのです。序盤では、特に沢庵宗彭との絡みが見所となります。

そして序盤が過ぎると、宝蔵院胤舜や柳生石舟斎といった面々と、交流したり対決したりという展開になります。対決をする敵役たちもかなり魅力的に描いています。脇役の人物でも過去の生い立ちが出てきたり、かなり掘り下げた描写をしているのです。

それからここが一番重要かもしれませんが、佐々木小次郎編という佐々木小次郎を主人公にした話が途中から始まります。宮本武蔵だけの話では途中で飽きてきたかもしれませんので、こうした話の構成にしたことは、かなり成功したのではないでしょうか。

バガボンドの惜しい点をあげるとすると、吉川英治の小説通りなら、あとは武蔵と小次郎が最終決戦をするだけなのですが、話がなかなか進んでいません。しかし物語の完結はまだしていませんが、十分に面白い漫画です。