私の消えることのないスラムダンク愛

私が昔から愛してやまない漫画は、あの有名な『スラムダンク』です。
今まで出会った人の中でスラムダンクを読んだことのない人はいても、何の内容の漫画か知らない、名前も聞いたことがないなんて人に会ったことはありません。

やはりそれほどまでに有名な国民的アニメと言っても言い過ぎではないと思います。

私がこの漫画で特に好きなポイントは、やはりメインのキャラクターの成長を読み進める度に感じることが出来るところだと思います。

いわずもがな、主人公の桜木花道は冒頭ではバスケットボールも持ったことのないただの不良でした。

彼が技術的に成長していくのももちろん楽しいのですが、バスケットを通じて人間的に成長していくのがたまらなく面白いです。

誰かと協力して何かを成し遂げるといったことを今まで一度もしてこなかった花道が、最後の山王戦でついに流川とのパスのやりとりをする、そして最後には初めてのハイタッチ…、涙なしでは語れませんよね。

結局ハイタッチをしたものの、お互い照れくさいのかすぐにそっぽを向いてしまうあたりが彼ららしく、非常に微笑ましいシーンです。

そして個人的に大好きなのが三井と小暮です。

湘南の初期メンバーだった赤木・小暮・三井ですが、怪我が原因でバスケット部を去ってしまった三井、彼が戻ってきてからの小暮とのヒューマンドラマが非常に感動させるものなのです。

バスケ部をつぶしに来た三井に対し小暮が放った一言、「何が全国制覇だ・・・何が日本一だ!!何が湘北を強くしてやるだ!!夢見させるようなことを言うな!」。

このフレーズから小暮も赤木同様に全国制覇への熱い思いを感じます。

そして三井が復帰して最後の山王戦、ついに赤木と三井の連携から三井のシュートが決まったシーンです。二人はへとへとになりながら静かに拳を合わせます。

それを見た小暮の、「…………2年間も待たせやがって……」の一言。

深い絆を感じますよね。

本当にどれだけ語っても語りつくせない、私の中の最高の漫画です。