新撰組異聞PECEMAKER

「PEACEMAKER」は新撰組を題材にした歴史漫画です。この漫画の魅力はなんといっても絵がとてもきれいで、登場人物も全員イケメンに描かれています。

歴史漫画は内容が難しくおもしろくないと感じとる人もいるかもしれませんが、きれいな絵がカバーしてくれて、新撰組の歴史がスムーズに入ってきます。中でも注目したい人物は沖田総司です。

彼は実際も腕が立ち、新撰組のなかでも最も強いと言われた人物であるが、漫画の中でもそのつよさがわかるほど、戦うシーンでは迫力がありかっこよく描かれています。その反面、見た目は中性的で女性のような長い髪をしており、戦闘以外ではかわいらしく優しさあるキャラクターで描かれています。

そのギャップに惹かれてしまうことまちがいなし。新鮮組副長の土方歳三は実物もかっこいいのですが、漫画でも厳格で恐ろしさがあり、新撰組に対する思いが誰よりもつよいため、新撰組を守っていきたいとする彼の生き方が本当にかっこいいです。見た目も水も滴るいい男とはこういうことか、を表すような大人の色気がある人物で描かれています。

新撰組を代表する二人を取り上げましたが、そのほかにも、新撰組の隊長各には、斉藤一、山南敬介、永倉新八、原田泰助、藤堂平助などの人物もおり、それぞれが個性豊かなキャラクターで登場します。漫画の主人公の鉄は、実際には存在しないキャラクターではあるが、両親を長州藩士に殺されたため、強くなりたいと願い、新撰組に入隊します。そして戦うことの本当の意味を見つけ、混乱する幕末をつよく生きていく姿も魅力です。新撰組のことを知らなくても、この漫画を読むだけで、歴史に興味を持つことができると思います。

実際に私はこの漫画を読んでから、新進組のことがもっと知りたくなり、京都の新撰組にゆかりのある街を訪れたり、新撰組に関連する人物や時代を調べたりするようになりました。そして新撰組の歩んだ道のかっこよさに心奪われしまいました笑。

時代は幕末、死と隣あわせの時代、混乱する世の中を自分がどのように生きていくか考えさせらることでしょう。漫画の題名であるPEACEMAKERの意味も読んでいくうちにわかります。現在は作者が執筆をお休みしているため、内容が途中で読めなくなってしまっています泣。早く再開してくれることを今でも待ち望んでいます。