寄生獣

寄生獣は日本の漫画の歴史の中でも、評価がかなり上位にくるのではないかと思わせる作品です。特にコマ割りやその話の展開がかなり素晴らしいです。数ある漫画の中でも、読んだ人をもっとも夢中にさせる漫画ではないかと思われます。ただ、ジャンルはホラー漫画となるのでその点だけは要注意です。

寄生獣が連載されていた時期は、1990年前後の時期になります。今となっては古い漫画となりますが、1990年前後の当時でも、多くの漫画が出てきては消費される時代になっていました。そして多くの漫画が出てきたのはいいのですが、設定やストーリーが似たような漫画も多くなっていました。

そんな漫画の大量消費の時代の中でも、寄生獣はひときわ大きな存在感を出していましたから、当時から注目を集めていました。そして、寄生獣は連載が終了した後も、再評価が何度もされています。何度も再評価がされている影響があったのか、最近になってアニメ化がされて、実写映画にもなりました。

ともかく、寄生獣の漫画での一番の魅力は、読んだ人をすごく夢中にさせる力です。娯楽として評価の高い漫画は、次の話の展開が気になり、どんどんその漫画を読みたくなるのですが、寄生獣の場合は、そこがかなり巧妙というか、話が展開する上で様々な効果的な布石をうっています。

その証拠と言いますか、寄生獣の漫画の一コマを落ち着いて見てみると、かなり雑であったり、あまり上手くない絵が描かれています。ですが、読んでいる人間は次の展開が気になり、夢中になって読んでいますから、そのような粗が良い意味で気にならないのです。