名探偵コナンの魅力について

数か月前、友人の家に泊まりに行った際、大人気漫画でありアニメでも人気のある名探偵コナンを読みました。

私自身はアニメでしか見たことが無かったのですが、漫画で読み始めると止まらなくなってしまい、家に帰ってからも続きが気になってしまいすぐに古本屋さんへと向かい全ての巻数を揃えることにしました。私が感じたコナンの魅力をいくつか紹介していきたいと思います。

まず一つ目ですが、キャラクターの個性です。この漫画は巻数もかなり多いので当然登場人物もかなり多いのですが、一人一人がしっかりとした個性があるため覚えやすくなっています。例えば、主人公のコナンは東京都に住んでいますがライバルの探偵、服部平次は大阪出身なのでかなりの関西弁を話します。東と西という点でも分けていたり話し方にも特徴を付けています。

探偵だけではなく、黒の組織と呼ばれるこの漫画の根幹にかかわる悪い組織やFBI、公安局など多くの人々が関わってきますがしっかりと意識をして分けられているように感じます。二つ目は名探偵とあるだけに謎の面白さや深さにあります。事件の真相に迫っていくには黒の組織が絶対に関わってきますが、そうでない普通の事件では私達読者が一緒に考えられるようなストーリーになっています。なので、漫画ならではのシーンも多くありながら一緒にその世界に入るような感覚を味わえる作品だと感じています。最近の話では、ストーリーも随分

進んでおり、中盤から終盤へさしかかろうとしているようにも見えます。誰が黒の組織のボスなのかを早く知りたいという思いと終わってほしくないという思いが両方あり、いつの間にか私にとって大好きな漫画になっていました。既に人気ではありますが、もっと深く知ってくれる人が増えてほしいなと感じる漫画です。