『ちびまる子ちゃん』をブレイク前から知っていたけど

『ちびまる子ちゃん』は、アニメ化される前から漫画雑誌『りぼん』で読んでいました。友達が『りぼん』を購読していたので、お家に遊びに行くたびに借りて読んでいました。

読んでいたといっても、他の作品より地味でぱっとしない作品だとしか思ってなかったですが・・。なのでもちろんアニメ化されるなんて思わなかったですし、その後の大ブレイクも予想できませんでした。

さらに作者のさくらももこ先生のエッセイを何冊も買って読むなんてことも、当時の私に予想しようがありません。エッセイを読むと、やはりさくら先生はまる子本人なのだと、漫画のまる子の将来を見るような気持ちで読んでいました。

『ちびまる子ちゃん』には、ちょっと頼りないお父さんが出てきますが、もしかしたらお父さんという存在を、こういうふうに描くのはめずらしいことだったのではないかと思います。そして何の仕事をしているのかわからない、けっこう謎が多いお父さんです。それでも『ちびまる子ちゃん』の人気キャラランキングでは必ず上位に入るお父さんの愛されぶりはすごいです。

さくら先生の作品はどれも人気が高く、これからももっと作品を作り続けてくれるだろうと思っていたのですが・・。ご家族に見守られながらなくなったという記事を読んだとき、あの父ヒロシの姿を思い出して少ししんみりしました。