好きな漫画「BLEACH」の魅力!

こんにちは。

私は昔からBLEACHという漫画が好きで小さい頃からハマっていました!

2001年から少年ジャンプで連載が始まり、今年の8月でついに連載が終わってしまいました…。なんと15年以上も連載をしていたみたいです。

コミックスで数えると74巻も出ていることになり、数字を見るたびに凄いなぁと関心してしまいます。

売り上げも9000万部近く売れているようであと少しで1億を超えるんですよね。

そんなBLEACHの魅力はやっぱりキャラクターの格好良さにあると思います。

例えば主人公の黒崎一護くん。とても男気溢れる言動で私は好きなんですよね~。例えば初期のころに虚(ホロウ)と呼ばれるバケモノになってしまった兄が妹を殺そうとした時に放った一言。

兄貴は妹を護るために早く生まれてくるんだよ!という…これにはビビっときましたね(^^)

あとは仲間を助ける為に絶対に適わないとわかっていながらも突っ込んでいく男気でしょうか。あの行動力は見習いたいもんです。笑

その結果として色々な師匠たちと出逢って、どんどん成長して強くなっていく一護を見るのが面白いんですよね。

あの頃では絶対に適うわけがなかった敵キャラクター達と熱戦を繰り広げているのを見ると胸が熱くなります。

BLEACHの魅力は他にもあって、それはバトルのセンスがピカイチだという事。

基本的にパターンとして少年漫画のバトルは、大ピンチに追い込まれたあとにそれを挽回して強く変身して倒す!という展開があるのですが、BLEACHもその例に漏れず王道展開を見せてくれます。

でもファンにとっては多少ベタでも良いのでそっちの方が燃えるんですよね。

そしてその挽回して敵を倒すのにも作者のセンスが光ります。武器のデザインだったり必殺技の名称、演出、煽り文句など等どれをとっても格好良いんです。

カメラワークなども洗練されていて読みやすいですし、迫力があって読んでいて熱くなります。

そんなBLEACHは、2018年に実写映画化が決定しました。あの漫画の格好良いセンスをどうやって映画で表現してくれるのか凄く興味があります。

俳優の福士君が主演なのでさらに期待大!

王道のバトル漫画でスカッしたい!と思っている人にぜひ読んでみて欲しい漫画です。