戦国時代に女子高生がタイムスリップ、アシガール

タイムスリップのネタの漫画は数多く見てきたけど、現代の女子高生が足軽として活躍する話は初めて、読みだしたらとまりませんでした。戦国時代で偶然あった若君、忠清に一目ぼれした女子高生の唯は、平成の時代に戻って若君がこのままだといずれ命を落としてしまうことを知ります。再び戦国時代に戻り、男と偽って足軽「唯之助」として若君のそばについて、若君を守ります。唯の正体に気付いて、若君も唯に惹かれ始めます。

兄の陰謀により、若君は深手の傷を負ってしまい命の危険にさらされます。その夜は満月、唯が現在に戻るタイムマシーンのアイテムを使える日でした。唯は自分の代わりに若君を現在にとばして、命を救います。戦国に戻ってきた若君はタイムマシーンの燃料切れであと一回しか現在に戻れないことを知って、本音を隠して唯を現在に返します。けれども弟にタイムマシーンの燃料を作ってもらい、再び唯は戦国に戻ります。

このアシガール、現在と戦国時代の往復が何度もあり、唯と若君が離れ離れになってしまう切ない展開が読んでてたまらない。戦国時代でも何度も二人はもう会えないかもしれない危機とを乗り越えて、運命に立ち向かいます。

しかも若君が超イケメン、凛々しくって、唯を一途に思ってて、そこが読んでてステキ過ぎる。唯も若君のためなら銃弾の中、走り抜けられる勇気があって、お互いがお互いのことを一番に考えている。最終的に二人は現在で幸せをつかむのか、戦国で生き抜くのか、まだラストまで分かりませんが、二人は一緒にいてほしいと願いながら読んでいます。